しかも旧暦の8月15日あたりは台風シーズン

でもありますので、実際月をしっかりと見られることは稀なようです。
さらに、8月15日が十五夜なのではなく、旧暦というところがポイントで、旧暦の8月15日は毎年変わっていくのですね。
なので、その年によって暦は変わりますので間違えないようにしましょう。

すすきや団子を飾る理由は?

十五夜を迎えるにあたって、用意しておくものに「医療脱毛クリニックおすすめ」、「すすき」や「団子」がありますが、これらにはどんな意味があるのでしょうか。

「すすき」は稲穂の代わりだったのです。
稲穂とは、神様を招く依代と言われているのですが、この季節にはまだ稲穂がないので、その代用品として「すすき」を使用するようになったそうです。

稲穂のように、見た目が似ていることから神様の依代に。

今はスーパーなどにも月見セットとして売られていることが多いので、用意しやすいですが、わざわざ購入しなくても庭に咲いている野草や花などを飾っても良いそうです。
できれば、昔からの方法に習って用意してみると心持ちが変わってくるかもしれません。

芋を使用して作られていましたが、いつからか米粉を使用。

先程のすすきからも連想できるように、収穫に感謝する意味合いで団子をお供え物として用意するようです。
また、備え終わった物を食べることで、健康や幸福を手に入れます。

お子さんがいるならオススメです。
一つだけ黄色い物を作ると月見っぽくなります。

お供えの方法は?

お供えの方法としては大きく3つの方法があると言われています。
15個備える方法と、12個(うるう年の時は13個)、15の10を省略して5個供えるといったように。

自身のやり方を優先しましょう。
また並べ方として定番ですが、決まりはないようです。

団子自体の種類も変わってきます。
ほとんどの人がイメージするのが、白い丸い物ですよね。
中に餡子が入っているものから、何も入っていないものなどありますが、大概の人のイメージはこの白くて丸い形です。

しかし、関西方面では里芋に見立てた餅にこしあんが乗っている物が主流です。
地域によっても差があります。

また、団子の代わりに月に似ている丸いどら焼きや、月うさぎ饅頭、中国の月見に欠かせない月餅などでも代用できます。

野菜やフルーツもオススメ!

さらに、その他のお供え物として、この季節に収穫された野菜やフルーツなども置きましょう。

特にブドウがオススメ。
縁起の良い食材ですから、飾っておきましょう。

お供え物の飾り方は?

お供え物の飾り方としては、お月さんが見られる場所を月見台というのですが、その場所をまずは作りましょう。
基本的に月が見られる場所であればどこでもOK。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です