マンション売却時の抵当権抹消手続きの流れを解説

売主は住宅ローンをまだ完済しておらず、売却資金をそれに充てる場合に必要なマンション売却時の抵当権を抹消する手続きのやり方を説明しますね。

もしあなた自身でやろうと思ったら、まずはマンションの相場をチェックし、いくつかの宅建業者にマンションの査定をやってもらうのがポイント。

査定が高い所をセレクトし、仲介契約を結びましょう。

売り出し価格を決めて売り出し、買い手が見つかると売買契約を結ぶのです。

買い手から売却代金を受け取ると物件の引き渡しをします。

抵当権は住宅ローンを利用する際に、銀行などの金融機関から融資を受ける際に、物件を抵当にいれるのです。

住宅ローンの利用時に、所有権移転登記と抵当権設定をしていますよね。

マンション売却した際に住宅ローンの残っている債権より上回る金額の場合は、完済した後に抵当権完済書面を忘れずに受け取るのが大事です。

抵当権を外すのはあなた自身でもできるものの、やっぱり少し面倒です。
なので、司法書士した方がいいかも。
そのときは報酬と登録免許税を支払うので事前に用意をします。

司法書士への支払額は、一万円程度が相場でしょうか(もちろんそれより高い所もありますが)。

あなた自身でする場合は法務局へ支払う物件の数に1000円程度かけた金額を用意します。

「住宅ローンがまだ残ってるよー(>_<)」って人も安心して。
売却後に一括で返済できるのなら、売却活動自体は可能です。

貯金と売却金額が住宅ローンの債務より上回るようにします。

完済しても抵当権完済書面を金融機関から受け取らないと完了した事にならいので注意が必要です。

抵当権を外すための手数料は、司法書士にお願いするときとあなた自身でする場合で異なります。

流れの手順としては実印や必要な書類や持ち物を確認して、法務局で必要な手続きを行うのです。

完済してからあまり日数があけないように手続きするのがポイントになります。

まずは所有する物件の価値を知る事と、売却後に一括で住宅ローンが返済できるか事前に確認して準備するのが大切です。

売り終えたら金融機関で全て返済し、あなたのマンションにかかっている抵当権抹消してもらいましょうね。

剃り残しをシェービングする?顔脱毛含んで料金満足!

夏の季節は海やプールなどのレジャー施設を利用する機会が増えるので、水着を綺麗に着こなすためにも普段は部分脱毛しか行わないという方も、しっかり全身脱毛を済ませておくことが必要になるでしょう。

セルフで全身脱毛を行う場合、背中などの手が届きにくい背面部のお手入れや、VIOラインなどのデリケートゾーンのお手入れも自分で済ませなければなりません。

無理に全身脱毛をしようとすると剃り残しがあったり、肌荒れを引き起こしてしまう危険があるので安全にケアをするためにも、キレイモなどの脱毛専用サロンを利用する女性が増えてきています。

キレイモなら脱毛を受ける際のシェービングサービスが徹底している点です。

一般的なエステサロンや脱毛サロンでは脱毛施術を受ける予約日までにカミソリや電動シェーバーを利用して自分自身でシェービングを済ませておく必要があります。

部分脱毛の場合、施術範囲が少ないので気を付けて念入りにムダ毛を剃っておけば特に問題ありませんが、全身脱毛の場合すべての部位を自分で除毛しておくのは面倒ですし、手間もかかってしまいます。

エステサロンや脱毛サロンによっては万が一剃り残しがあった場合、その部位は避けて脱毛ケアを行う場合が多く、せっかく全身脱毛コースを利用しているのに、脱毛の仕上がりが不十分になってしまう事も少なくありません。

特に背中やVIOラインのセルフケアは難しいため、安全にシェービングを行う方法はないか悩む場合が多いでしょう。

そこで便利なのがキレイモで受けられる一回1000円でムダ毛を剃ってもらえること。

これは月額定額プラン向けのサービスで、学割パックプランやまとめて脱毛プランなどの固定回数コースを利用している場合に限り無料で施術を受けることが出来る特徴があります。

多くのエステサロンや脱毛サロンではセルフケアをしておかなくてはいけなかったムダ毛の除毛処理も、このサービスを利用すれば肌に負担をかけずにプロの手によってお手入れを受けることが出来るので、安心して任せることができます。

また全身の除毛を済ませる上で必要になってくるのが、VIOや背中、うなじ、ヒップなどの自己処理が難しい部位のお手入れです。

特に背面部の背中やヒップや、性器近くのVIOラインなどはかなりお手入れが難しく、不安に感じる場合が多いですが、キレイモではこの部位の処理もサービス内に含まれているので、シェービング補助を受けることができます。

ただ注意しなくてはいけないのが、このサービスを利用すればすべての部位を処理していく必要がないというわけではなく、自分でお手入れできる部位に関してはしっかり事前にケアをしておくことが、エステサロンや脱毛サロンを利用する上での最低限のマナーでしょう。

ムダ毛の除毛に時間がかかってしまうと脱毛にかかる時間が短くなる恐れがあり、仕上がりに差が出てしまう場合もありますから、セルフケアが出来ない部位は美容スタッフに任せて、自分でお手入れ可能な部分は自宅でカミソリや電動シェーバーを利用して施術を行いましょう。

肌を少しでも痛めたくないという場合には、カミソリの刃を直接肌にあてるのは大きな負担となるため、出来るだけ電動シェーバーを利用するようにサロン側から指導されることが多いです。

実際に脱毛サロンでも電動シェーバーを利用してムダ毛の除毛を行うので、家電量販店などで事前に購入しておくことをお勧めします。

全身脱毛を済ませる上で、サロンによっては全身脱毛コースといっても施術しない部位がある場合も少なくありませんが、キレイモでは全身脱毛コースで33箇所の処理を可能です。

特に他のサロンでは施術しない場合が多い顔全体の脱毛を行ってくれるのがうれしいですね。

鼻や鼻下、あご、もみあげ、両頬をしっかり施術プランの中に組み込んでいるので、顔脱毛をしっかり済ませたいと思っている方にとって魅力的な脱毛サロンになっています。

ただ施術範囲が広いという事は、それだけ施術にかかる時間が長くなったり、施術料金が高くなってしまうのではと不安に感じてしまうでしょう。

しかしキレイモでは全身脱毛の一回分を体の部位を二つに分けて施術を行うので、頻繁にサロンに通う必要はありません。

施術料金も一回当たりが20,520円、6回料金だと123,120円(税込)と他のエステや脱毛系店舗に比べても、低料金!

これならあまりお金をもっていない人でも行けちゃいますね!(^^)!

また初回利用者や期間限定の割引キャンペーンを利用すると、お得な料金で施術を受けることが出来るようになり、おトクにケアが可能ですよ。